ヨシポンの情報源


パソコンが僕の人生を変えたページ

(132) 魂萌え
 <魂萌え> 
そんなテーマの「毎日夕刊連載小説」が今年1月5日から始まっている。
「なぜあの人ばかりパソコンがうまくいくんだろう?」って、何かと理不尽に考えてしまうことってありませんか? 
このような疑問、誰でも一度は考えたことありますよね。
私たちは多少なりとも他人と比べてしまうものです。
でもちょっと考えてみて下さい。
同じ人間、細胞の数からしてもそれほど大きな差があるワケではないのです。 
実は「右脳」の使い方に秘密が隠されているのだそうです。
「頭の使い方」、つまり右脳を活性化する事で得られる「ひらめき脳」を手に入れれば、いいのです。 
 
人間の脳は「アルファ波」が優勢状態になると、外部からの情報を潜在意識に取り込みやすくなり、スムーズな情報吸収が可能となる。
よって、脳が「アルファ波」優勢状態のときに限り、自己イメージを改善するための情報を集中的に送り込むことによって、新しい自己イメージが創りだされるというわけなのだそうだ。 

「自分を老人と思っていない”老人たち”の生きがいとは何か。」
第二の青春を生きたいと思って、そば打ちや書道、絵画、パソコンなど、趣味の世界を通じて第二の青春を楽しむ人が多い。
人は夢中になるものだそうです。
向上心がなくては生きていけない。
残された人生の時間に自覚的な”老人”ほど、生きることにまじめなのだ。
そこに、若者のように魂が「燃える」のとは違った、魂が「萌える」状態がある。
今、そんなテーマの「毎日夕刊連載小説」が今年1月5日から始まっている。
パソコンで「右脳」を活性化し、「ひらめき脳」を手に入れよう!。

04-2-11





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ



ヨシポンの情報源
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO