ヨシポンの情報源


パソコンが僕の人生を変えたページ

(124)初心者は「初心者」らしい行動を
よく生徒さんがおっしゃいます。
「息子に聞くとね、「どうしてそんな簡単なこともできないんだよ!」って怒るの。怖いわよねー」
実際私も自分の親に教えていて「どうしてこんなところで引っかかるのよ!」と思わずうめき声を上げてしまうことがあります。
「そこでそう来るか!」の筆頭に来るのが「閉じる!」
慣れない操作を求められたとき、意味のわからない文章に出会ったとき、間違えたものをクリックしたとき、常にマウスのボタンは「閉じる」に向かう。

インストラクターに「初心者の特徴って何だろう」と聞くと一番最初に出てくるのが「閉じる」。
それではどういうときに閉じるのでしょうか。
まずは自分が予想しなかったことが出てきた場合。
リンクしてあるところをクリックして、出てくるべきものが出てこなかった場合。
一瞬ぎょっとした顔を見せて、そしてすごい勢いで閉じるボタンにマウスポインタが向かいます。
それはまるで閉じるボタンにマウスポインタが吸い込まれるかのごとく。

では、なぜ閉じてしまうのでしょうか
閉じるボタンに飛んで行く原因になるのは「恐怖」の感情です。
常に自分の気持ちの中で「この操作はまちがっているのではないか」という感情にさいなまされています。

そして「私は初心者だからできない」という思い。
実際、インターネットに関して「初心者」というのは多くありません。
一番多いのは「初心者気分の人たち。」

自分は初心者であるという傘の中で、いつまでも「中級者」になれないという感覚が「私はできないから、インターネットはちょっとこわい」という感覚になってしまう。
例えばびっくり箱などあけるとき、ものすごくドキドキしますよね。
それと同じ。
何が出てくるかわからなくてそれでなくてもドキドキしているのに、そこで自分が思っていなかったものが出てきたら、箱閉じてしまいますよね。
何かが起きるなら先に切ってしまおう、これがインターネット初心者の考え方。
04-1-21





トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ



ヨシポンの情報源
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO