ヨシポンの情報源


公孫樹の日記

2004年02月16日
梅一輪一輪ほどのあたたかさ

この三行詩からもあたたかさが伝わってくる。
二月逃げ月。花札の2月の札も「紅梅に鶯」。
明るい日差しを浴びて、各地の梅がほころび始めいる。
光が丘公園を歩くと、少しばかりの梅のふくよかな香りに誘われた。
梅には気品がある。
「洪水のように、大きく、烈しく、生きなくてもいい。清水のように、あの岩陰の、人目につかぬ滴りのように、清らかに、ひそかに、自らかがやいて、生きたい」。
「愛する人に」と題した作家、井上靖の詩だ。この詩にうたわれたのはどんな人だろう。
もうすぐ春。ちょっと気取って誌が書ければ、書きたいものだ。





トップへ
戻る
前へ
次へ



ヨシポンの情報源
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO