ヨシポンの情報源


お役立ち情報

(89)「セーフモード」で起動する
 トラブルが発生した時の対応テクニックの一つが「セーフモード」での起動です。

Windowsを起動する際に、最小限必要なシステムファイルとドライバだけを利用する状態のことを言います。「最小限」ということはすなわち、セーフモードで起動した時には使えないソフトが多くなる、ということです。

これはWindowsに重大なトラブルが発生して、正常に起動出来ない時に利用します。例えばトラブルが原因で再インストールが必要な場合、その前に必要なデータのバックアップを行う、というような例が考えられます。もちろん再インストールやデータのバックアップに必要なCD-ROMは利用出来ます。

さてこの操作手順をご紹介しましょう。

まず通常通りパソコンに電源を入れます。
するとWindowsのロゴ画面など、起動画面が表示されます。
このタイミングで「F8」キーを押して下さい。
すると「Windows拡張オプションメニュー」が表示されます。
カーソルを矢印キーで操作して「セーフモード」を選択します。
そしてエンターキーを叩けばセーフモードで起動します。

セーフモードで立ち上げることのメリットは、他にも発生したトラブルを、
自動的に解消してくれる、というものがあります。
もちろん全てのトラブルがこれで解消するわけではありませんが、異常を感じて、パソコンを再起動しても元に戻らない場合は、一度セーフモードで起動させて、何も作業をせずにそのまま終了させて、もう一度普通に起動させる、ということを試してみるといいでしょう。トラブルの種類によっては、これで直ってしまうものもあります。


トップへ
戻る
前へ
次へ



ヨシポンの情報源
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO