ヨシポンの情報源


お役立ち情報

(92)ホームページ検索
ホームページ探しの方法は2種類あります。

1・ディレクトリ検索(ジャンルをクリックして探す)
ジャンル別にまとめられているホームページの中から、テーマを絞りながら探す。
大まかな内容は決まっているけれど、具体的にどのホームページを見ればいいのか分からないときに便利。「カテゴリ検索」ともいう。

■“ディレクトリ検索”が得意なホームページ
*Yahoo!ジャパン(http://yahoo.co.jp/)
国内で最も利用者が多い検索用ホームページ。
内容的に信頼できるホームページばかり

2・キーワード検索(知りたいことを入力して探す)
調べたいキーワードがはっきりしていて、具体的な情報を知りたいときはに便利。「ロボット」というプログラムがたくさんの情報の中からホームページを探すので、掘り出し物の情報を見つけることが出来る。
今のサーチエンジンは殆んどがこちらの方式だ。
人手に頼らないためにカバーするホームページの数はディレクトリー型より格段に多い。検索キーワードを上手く指定すれば目指す情報をゲットできる。
例えば、二つ以上のキーワードをスペースで区切って入力し探す。

■精度の高いロボット型のサーチエンジン
*グーグル(http://www.google.com/
最近登場したが、情報量でも正確さでも他のサーチエンジンを寄せ付けない。
*エキサイト(http://www.excite.co.jp/
17のジャンルに分けられている。
ジャンルごとの「人気サイト5」が載っているのもうれしい。
女性向の「ウーマン・エキサイト」や、オークション専門の「オークション・エキサイト」も充実。
*ライコス(http://lycos.co.jp/
20のジャンルに分けられている。「史上最強のレシピが知りたい」といった自然文の検索もできる。又、子ども用の「ライコスキッズ」、シニア用の「ライコスシニア」もあり、広い年齢層の対応している。
*グー(http://www.goo.ne.jp/
カバーする範囲の広さはトップクラス。書籍や人名、施設などテーマで探せる「目的別サーチ」、日経各誌の記事検索が出来る「日経goo」などが便利。
*インフォシーク(http://www.co.jp/
ディレクトリー型の要素も併せ持ち、使いやすさに定評がある。
キーワードを細かく指定できる「マニアック検索」がユニーク。
*フレッシュアイ(http://www.fresheye.com/
二時間ごとにデータを更新し、最近一ヶ月に新設、更新されたホームページだけを検索できる。他のサーチエンジンがカバーしない最新情報を調べられる。

パソコンで仕事が10倍おもしろくなる! 02/08 P-22〜32 


トップへ
戻る
前へ
次へ



ヨシポンの情報源
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO