ヨシポンの情報源


お役立ち情報

(97)デジカメは「写真で遊べる」道具なのである
デジカメを使うなら、持っていたほうが良いものがある。パソコンである。
ワインとチーズの関係というか、まあ、なくても困りはしないが、出来ればセットで持っていたら、楽しみも増すということだ。
とりあえず、パソコンを持っていない場合は、SDカードやコンパクトフラッシュ(CF)のようなメモリー(フィルムに当たる)は、サイズが大きめのものがいい。
512メガバイトくらいか。あるいは、それ以上のものを(パソコンを持っていても、大き目のものがいいが)。で、いっぱいになったら、あるいは旅から戻ったりしたら、DPE店に行って、CDに焼いてもらう。この形でデータは保存したらいいだろう。同時に、プリントして残したいものは、焼いてもらう。

パソコンを持っていたら、デジカメとつなぎ、データはパソコンとつなぎ、データはパソコンの「マイピクチャ」などに保存する。
その場合、一つの旅などのテーマごとに、例えば「0503韓国」とか「0505京都」というような名前のファイルを作り、入れておけば後で探しやすい。そうすると、順番に並ばせやすい。
「子供の写真」とか、「旅の写真」といったファイルを作り、そのなかにまた上記のようなファイルを作るのでもいい。
こうしてパソコンのハードディスクに保存するわけだが、ディスクが壊れたら写真も全部消える、というのが怖い。私は予備の外付けハードディスクにも保存し、その上で大事な写真はCDやDVDに焼いている。写真整理や加工するためのソフトは、インターネットでただで手に入るものから高価な市販品まで、さまざまある。この種のソフトを使えば、写真の一部を切り取ったり、余分な電線などを消したり、パステル調やクレヨン画などにしてしまったり、写真で遊べる。

さらに、それをメールに添付して送ったり、インターネット上に作品を展示したりと、世界は広がっていくのだ。もちろん、プリントしてアルバムにまとめるのもいい。デジカメなら、ひとまとめに同じサイズでなく、大小を事前に決めるのも簡単。
メリハリのあるアルバムが出来る。
デジカメは「写真で遊べる」道具なのである。


トップへ
戻る
前へ
次へ



ヨシポンの情報源
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO